症例報告です。

48歳 女性 会社員

主訴 左足首、膝、股関節の痛み 特に足首が痛む

痛みが出るようになったキッカケは…

一ヶ月前に左手首を転倒で骨折してから、痛みくなり始めたとの事です。

現在はギプスも外れて動かせるようになったけれどもまだ痛みは出るとの事。(こちらは整形外科の既往があるため、当院では確認のみしました。)

本人は、手首を怪我してから自転車や車に乗る機会が少なく歩行の移動が増えたため痛みが出たのではないかとの事。

とりあえず患部を触診すると

各関節の動きは正常

関節を動かしたり、安定させたりするための筋肉は健側(右側)よりも硬くなっているのが確認できました。

しかし、強い痛みを出すほどの症状ではありません。

では、何が痛みを引き起こさせていたのでしょうか。

歩行をよく観察してみると、いつも右手で怪我をした左手を無意識にかばって支えながら歩いています。

本人も、指摘されてはじめて気付かれておりました。

足の筋肉の緊張も、歩行時に無意識化で腕を気にするあまり

常に筋肉に緊張がはいったままの状態で歩いているために動作に無駄な力が入り関節に負荷がかかり痛みを引き起こしている状態が判明しました。

歩いて前に進みたい。でも、何かの拍子に転んだりして手首を再負傷するのも心配。

言うなれば、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態です。

その状態をご本人にも説明して、まずは脚に問題のない事を理解していただけると

患者様も納得されて安心されておりました。

脚の筋肉の緊張を取るような局所的な施術と、歩行を妨げるマインドブロックを解放させる操作で

一回の施術でかなり楽に歩けるようになりました。

人間の体は全ての箇所が連動しています。

痛みのある場所が原因とは限りません。

今回の施術コース 通常コース 4,500円

はないけ接骨治療院0586-44-4400