こんなお悩みありませんか?

腰の痛みで運動が続けられない。何とかして練習に早く出たい。

少し動くだけでもすぐに痛みが出て辛い。

整形外科では当分練習を休むように言われたが、休んでいる時間はない。

✓湿布や痛み止めの薬では一時的に痛みが和らぐが、またすぐに痛くなってしまう。

✓みんなと同じ練習をしているのに、どうして自分だけこんな目に合うのか。原因が知りたい。

✓症状がひどくなる前に、できるだけ予防しておきたい。

なぜ分離すべり症になるのか?その原因とは?

腰椎分離症やすべり症は、部活動などでハードな練習を繰り返し腰椎に負荷がかかることによって発症します。特に野球やハンドボールなど球技をしている方に多い症状です。一般的に、分離症はスポーツ等の動作により腰の回旋動作が繰り返し起こることで腰椎(腰のせぼね)の関節に負荷がかかってダメージを生じることが原因と言われています。まず第一段階として腰の関節に炎症を生じます。この時点で既にかなりの痛みを生じていますが、それでも運動を続けていくと骨に直接押される力が加わり骨にヒビが入ってしまいます。それが第二段階の「腰椎分離症」です。

分離症を放っておくとどうなるのか?

red-flag

それでも分離症を放置しておくと、最終段階「腰椎すべり症」を発生します。

すべり症になると

  • 腰の神経を圧迫するため一切の運動を中止します。
  • 数ヶ月の硬性コルセットの装着、それでも治らなければ手術となります。
  • 下肢の痺れや神経痛、筋力低下や最悪マヒを生じます。

◎すべり症を発症させないことが重要です!分離症までなら、回復は可能です。

なぜ、他院では良くならなかったのか?

分離症は腰だけ治療しても治りません!治ったとしても、また必ず再発します!
必要なのは、股関節の柔軟性と、体幹の安定性です。一般的に、腰を柔らかくして動かしやすくすることが必要だと言われていますが、我々腰痛治療の専門家はそうは考えません。

分離すべり症を根本から改善するために

hernia

腰椎分離すべり症の検査・診断方法

1. 問診

どのような状況で痛みが出るのかをお聞きします。

2. .検査

分離すべり症の専門の徒手検査、筋力検査、筋力のバランスを検査します。

3. 診断

検査をした結果、分離すべり症による特徴的な反応として判断できたら、適切な治療に取り掛かります。

当院で改善が可能な3つの理由

  • 動きやすくする関節と動きを制限させる関節を明確にして、それぞれに最適なアプローチができるから。
  • 腰痛専門治療院として、腰椎分離症の改善に必要な知識と治療手段を持ち合わせているから。
  • 歴20年以上、のべ二千人以上の患者様の治療に携われた豊富な経験があるから。

腰椎分離すべり症の治療方法の一例

hernia-method

固まった筋肉を緩めるため、ラジオ波、超音波、筋膜リリースを行います。そして、背骨の滑りを矯正するため「フレクションテーブル」にて、滑り出た腰椎を正常な位置に戻します。

さらに、体幹の回旋を制限している筋肉や股関節の硬さを改善させながら

腰の安定性を高めるために「EMS」を用いて体幹の安定性を高めます。

よくある質問

分離すべり症は完治しますか?

はい、すべり症によって起こりうる症状は完治すると断言できます。
ただし「症状は」と限定したのは、痛みを改善することが出来てもひびの入った背骨がくっつく事はとても難しく、形としては完全に回復が難しいからと言えます。

すべり症の症状は、腰痛にとどまらす下肢の神経痛やしびれ、筋力低下など多岐にわたります。
施術により神経の流れを正常に戻してあげれば上記の症状も消失もしくは軽減されます。

レントゲン検査ですべり症が見られても無症状の方も実際に多くおられます。

ただし、下肢の目立った筋力低下や膀胱直腸障害(おしっこやうんちが我慢できなくなる)が起こるものに関しては
早急な外科的な処置が必要になりますのでご注意下さい。

運動はどれくらい休めばいいですか?

腰椎すべり症を発生している場合はとても言いにくいことなのですが、運動は中止してください。
分離症だけであれば、約1~3か月の安静が必要です。
重要なのは、そこまでならないよう、日頃から体のメンテナンスをすることです。

分離すべり症になりやすい人はどんな人ですか?

主に2つの時期で発症します。
一つは学童期から中学生くらいまでの年齢です。
分離症はくりかえしの使い過ぎで腰のせぼねが疲労骨折を起こすために発症します。学生のうちは背骨が柔らかいのでくりかえしの負荷のかかる動作で疲労骨折を起こします。
ひびのうちはズレることはありませんが、ひびが悪化して骨折してしますと背骨の支えの構造が破綻してせぼねが前方向に滑ってズレます。これが分離すべり症です。

もう一つは高齢者です。
高齢になり椎間板がすり減ってしまい、かつお腹の筋力が極端に低下して腹圧が低下するためせぼねを安定させることが出来なくなると、
腰椎は変形を起こし少しずつ前方向にずれ始めます。

分離すべり症でやってはいけないことはありますか?

一般的に以下の3つをやらない方がよいと言われます。
1、無理な運動
2、コルセット無装着
3、マッサージ

この中でマッサージは分離すべり症のリハビリでもよく行われますが、抑える方向に注意すれば安全に施術することも可能です。
むしろ、硬くなった筋肉を緩めるために必要な施療の一つになりますので、当院では積極的にマッサージを用いて施術します。

運動やコルセットは程度や時期によってやった方が良いこともありますし、やらない方が正しい場合もありますのでその人に合わせたアドバイスをさせていただきます。

分離すべり症かな?と思ったらどこに行けばいいですか?

まずは分離すべり症かどうか判断するために整形外科で検査を受けられることをお勧めします。
接骨院や整体院でも症状からだいたい判別はつきますが、レントゲンはとれません。
専門医でレントゲンやMRIで画像診断すれば一目瞭然です。

そして、リハビリの段階になって接骨院を選択される方も少なくありません。

分離すべり症は手術しないと完治しませんか?

程度にもよるので一概には言えませんが、ほとんどの方は適切な治療を受けることで手術せずに完治されます。

手術が必要な例として、下肢に顕著な筋力低下や麻痺が発生している場合や、膀胱直腸障害(おしっこやうんちが我慢できない)を発症している場合などは重篤な後遺症を残す恐れがあるので手術を選択する場合もあります。
重要なのはそうなるまで放置せず、日頃からお体のメンテナンスをされることです。